カシメ加工

カシメ加工とは?

 複数の部品を接合させる加工方法の一種で、自動車をはじめ多くの工業製品に用いられています。

 特にリベットを使用した 「スピンカシメ」 は、高い剛性力を持ちながら可動部にも使用が可能な為、

  機能部品の多くの接合に採用されています。

 私たちの身近でもハサミや車輪などで見かけることができます。

 

               

 

 

スピンカシメとは?

 スピンカシメとは穴をあけた部品にリベットを通し、リベットの先端を回転したインサートで加圧し

  潰すことにより複数の部品を接合する方法。

 カシメ部分の形状はインサートの先端の形状を変更することにより複数の形状に対応可能。

      

 

  

 

 

   

スピンカシメ加工(加工動画)

 

        加工前

 

 

加工後

                   


                         スピンカシメ動画はこちら

 

 

カシメ加工のメリット

  

 他接合との比較表 高精度で低価格 高い剛性力の接合 異種材接合が可能